顔の輪郭形成で理想的なフェイスラインに!

小顔になりたいという人注目!

顔の印象を左右するといわれている輪郭は、小顔になりたいという人などからも注目されています。
顔の輪郭では顎や頬のライン、こめかみなどがありますが、これらの部分は顔の印象に大きく関わっていると言われているのです。
メイクや髪型でいろんな印象を出すことができます。
そのため、フェイスラインをよりよく見せたいという場合にはまずはこれらの方法に工夫を凝らしてみましょう。
凹凸感を出したり、気になる部分を上手くカバーできるメイクやヘアメイク法があります。
これらで上手く気になる部分をカバーし、自分らしいスタイルになれるならこうした方法を工夫してみるのがおすすめです。
しかし、これらでカバーしようとしてもどうしても気になる部分があって、根本的な解決方法を探しているという場合には美容外科などでボトックス注射や整形手術を受けるという方法もあります。
例えばエラなど、どうしても気になって外科的に治したいという場合には手術によって解消することが可能です。
また、多くの女性が憧れているといわれる小顔になるための施術を受けると憧れの美人顔になることができるのです。
こうした輪郭手術は高度な技術を持った医師に施術を行ってもらうことで、より理想のフェイスに近づけていくことができます。
こうした手術は十分な経験をもつ医師に行ってもらうことで、術後の綺麗なラインを手に入れることができるのです。
例えば、四角ばった下顎のエラを理想的な輪郭にしていくためには、口腔内から下顎角の余分な骨の部分を取り除くことになり、安全かつ、正面や側面から見て美しいフェイスラインを形成することが必要なのです。
最近では手術もフェイスリフトの観点から行われるようになっており、はっきりとした小顔効果を得ることができるようになっています。
このような輪郭形成手術は全体的なバランスを見ながら行われることが必要です。

【若く見せるには⑥】
結論として、若く見せる為に必要なのは「脂肪のライン」なのである。

他の輪郭形成は脂肪移植を同時にやる事が多い。
あのID美容外科でさえも。

だがTLの頬骨縮小は頬骨を縮小すると共に、前頬に高さを出す、言わば「頬骨のハイブリッド縮小術」なのだ。

— アリスさん (@2GDOH2CZadAGP2W) 2017年9月16日

小顔になりたいという人注目!輪郭形成をするために大切なことどのくらい継続するの?